「1ヶ月で最高どれくらい稼げた?」そこが知りたい!パチンコ屋

パチンコ屋

高収入のバイトとして知られるアルバイトの中で、夜のお仕事以外で思いつくものの中にパチンコ屋があると思います。
多くのお金が一日で動くパチンコ屋は、その仕事内容や職種も一般的な仕事とは一線を画しますので、その報酬もコンビニや飲食店などに比べて破格と言えます。
そこで、パチンコ屋で1ヶ月働いて最高でいくら稼げたなどの口コミなどのデータを検証し、どれぐらい実際に稼げるのか確認してみたいと思います。
まずパチンコ屋には、男性と女性が両方働いています。
パチンコ屋の仕事として、大まかに2つに分けるとすると、パチンコ玉の上げ下げや計量などを行うホール接客と特に女性が行うコーヒーなど飲食による接客です。
ホールでの仕事は、立ちっぱなしである上に、意外に重いパチンコ玉を上げ下げしなければならないので、見た目とは裏腹にかなりの重労働です。
その為、単純にバイト代でいえば、ホールスタッフの方が飲食スタッフよりも高い報酬と言えます。

平均時給

パチンコ屋のホールスタッフの平均時給は、全国的にそれほど差がなく、大体1000円から1300円となっています。
この平均時給から実際にどれだけ経験者が稼げたかを検証すると、各自治体で違いはありますが、多くの市町村で開店時間は10時ですので、開店1時間前から準備をするとして朝の9時から働くとします。
パチンコ屋のシフトは2部制で、17時で区切られていることが多く、閉店時間は23時がほとんどです。
その為、朝から働くシフトの方は、途中休憩時間を1時間はさむとすると実働は7時間です。
夜の場合は、休憩なしと考えると閉店作業を1時間したとして実働7時間です。
シフトでは、大体週に5日程度入れる方が多い職種ですので、月に22日働くとします。
時給は最高時給に近い1300円として考えると、1300円×22日×7時間で約20万円になります。
大体普通の正社員の方の初任給程度と考えて良いのかもしれません。
これがアルバイトで稼げると考えるとかなりの高収入ではないでしょうか。
しかも、朝からのシフトに比べ、17時からのシフトの場合、深夜手当などが付く場合が多いので、多く働いた月であれば25万円程度になる事もあるのではないでしょうか。
もちろんこれは、未経験者がもらえる給料ですので、経験を積んでいったり、シフトを増やせばバイトでも30万円を超える収入も見込めます。
飲食スタッフの場合は、1000円程度が多いので、先ほどの計算方法なら15万円ぐらいになります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です