「1ヶ月で最高どれくらい稼げた?」そこが知りたい!翻訳

翻訳の仕事

翻訳の仕事は、外国語ができる人にとって、一般的な仕事よりも高額な収入源になり得ます。
この仕事に興味を持つ人が気になるのは、1ヶ月間頑張ってどれだけ稼げたかという、収入の最高額がその一つでしょう。
年収では、600万円も夢ではないといわれていますから、時給換算でも期待感のある仕事だと考えられます。
時給なら1500円以上の金額が翻訳の相場で、職場によっては2千円以上、3千円オーバーも視野に入ります。
具体例としては、1日8時間の作業を1ヶ月続け、30万円を達成したケースが挙げられます。
ただ、これはあくまでも一例に過ぎませんし、翻訳の仕事内容次第ではもっと上を目指すことも可能です。
翻訳は、依頼料金とその内容がピンからキリまでで、単価を高く作業量を増やせば、必然的に収入も増加する結果に結び付きます。
1ヶ月で稼げたといっても、経験の浅い新人なら15万円程度が目安で、経験を積む程に25万円から30万円以上と最高額がアップします。
フリーランスの翻訳家で、特定のクライアントから信用を勝ち取れば、当然ながら単価は上がって1ヶ月の収入も増えることになるでしょう。

自由な時間を求めて仕事量を抑えるなら

逆に、自由な時間を求めて仕事量を抑えるなら、翻訳作業に従事した時間に応じて、収入が減ってしまうのは間違いありません。
翻訳業で肝心なのは、単価の高い仕事を安定的に獲得すること、そして経験を積みキャリアアップを実現して、更に高収入が得られる仕事に出合う二点です。
そこまで翻訳に打ち込むつもりはなく、アルバイトで稼げたケースを知りたいのであれば、1ヶ月に費やせる時間から導き出すことができます。
翻訳業は、作業の文字数と内容の専門性によって、収入の大まかな傾向が決まります。
つまり、翻訳のスピードが速く、専門的な内容の作業を中心に取り組んでいる人程、過去最高に稼げた収入は高いことを意味します。
一般的な内容で、作業スピードが特段速くない場合は、地域の最低賃金を少し上回る金額が1時間あたりの目安となるでしょう。
後はこれに1日あたりの作業時間と稼働日数を掛ければ、最低限得られる可能性のある、アルバイト収入を割り出すことができます。
反対に、就業形態を問わずに過去最高の事例を挙げるとしたら、100万円の案件を獲得して達成した例があります。
求められる専門性は高く、作業量も決して少なくないものの、やり甲斐があって夢のある金額だといえます。
これらを総合的にまとめると、フルタイムで働けて経験や能力が豊富なら、25万円以上の安定収入を実現したり、毎月最高額を更新して稼げたと実感することも可能となるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です