「1ヶ月で最高どれくらい稼げた?」そこが知りたい!ビール売り子

ビール売り子のお仕事

夏といえば、プロ野球の試合によく冷えたビールが定番です。
その夏ならではのスタジアム内でひときわ目立つ女性達がいるのは見た事がある人も多いでしょう。
最近テレビなどの特集にも出てくるビール売り子のお仕事です。
キンキンに冷えたビールの入った重い樽を担いで、可愛い笑顔を振りまく彼女たちのお仕事がとても効率的に稼げると若い女性を中心に人気になっています。
ビール売り子のお仕事はあまりなじみがないので、一体一ヶ月でどれくらい稼げるのか疑問に感じる人も多いです。
ビール売り子のお仕事にも段階があり、実は単価の高いビールを売る事ができるのは経験を積む事と売上を上げていく必要があるのです。
笑顔でビールを提供してお会計をするだけの簡単なお仕事のように感じますが、実はとてもやりがいのあるお仕事で自分のがんばり次第ではかなり稼げるお仕事になります。
新人の頃は、ビールをいきなり売るという事はできず単価の安いチューハイなどの飲料を提供することからスタートします。
自分が一回の試合で売り上げた実績がそのままお給料に反映するシステムなので、単価の安いアルコールを売る場合は数を多くこなす事はもちろん様々な工夫をすることも大切です。
ビール売り子の女の子たちを管理するスタッフがいて、彼女たちの仕事ぶりをしっかりと管理した上でどのような商品を売らせるかという事を決定しているのです。
白熱したスタジアムにおいて、一番売れ行きが上がるのは断然ビールになります。
このビールを売れるようになるために女の子たちは切磋琢磨しながら仕事をしていくことになります。
自分の売り上げが安定してきたり、ビール売り子としての人気が上がっていくと、単価の高いビールの樽を背負って仕事をすることができます。
一番売り上げる女の子の1ヶ月に稼げた最高金額は、サラリーマンが一ヶ月働くお給料と変わらない金額だったりします。
1ヶ月の勤務時間は試合があるだけの時間と日数になるので、短時間働いて高収入を稼ぐ事も可能なお仕事なのです。

女子大生などの学生に人気

ビール売り子のお仕事は、主に女子大生などの学生に人気が高いです。
その理由として学校が終わってから働ける時間帯と飲食店のようにあまり遅い時間まで働く必要がないという点です。
また、効率的に稼ぐ事の出来るお仕事なので短時間で無理なく高収入を得られるという点もメリットになっているでしょう。
1ヶ月でサラリーマン並みのお給料を稼げた女の子がいる事も他のがんばっているビール売り子の良い指標になっています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です