意外と安い?バーテンダーの給料

バーテンダー

夜の世界で凛として働くバーテンダーの姿は、女性たちからの熱い視線を集めることもできます。
お客様の要望通りのお酒を造るためにシェーカーを振ってお酒を提供するというのは、簡単なように見えて案外難しいものなのかもしれません。
夜の世界で働くのであれば、上品なバーでバーテンダーとして働けばいい給料をもらえそうです。
しかし実際のところは、バーテンダーとして働いても、それほどいい給料をもらえるわけではありません。
バーテンダーの平均年収は300万円から400万円程度と言われていますので、それほどいい給料を持輪得るわけではないからです。
バーテンダーの仕事は、ホテルの中にあるバーであったり、独立してお店を構えているバーに雇われて働く方法があります。
こういった働き方をしていると雇われて働くことになりますので、固定給によって仕事をするようになるでしょう。
稀に歩合制の給料をもらえるところもありますので、そういったところで働くのであれば、それなりの給料になる場合もあります。
自分に固定客がついてくれれば、それなりの売上を上げることが出来ますので、相場よりも多い額を稼げる人もいます。

独立

さらにバーテンダーとしてたくさん稼ぎたいのであれば、独立をする方法もあります。
ある程度固定客がついているのであれば、自分が新しいお店を出すことによって、ついてきてくれることもありますので、売り上げに貢献してもらうことが出来るからです。
しかし自分でお店を経営するとなれば、近くに競合店があったり、人通りの少ないところであれば儲けにつなげていく事は出来ません。
バーはお酒を提供するところですので、駅から近くない場所にオープンをさせてもお客様に来てもらうことは難しいですので、それなりの場所を借りる必要があります。
立地条件のいい場所にオープンさせることが出来たとしても、必要な家賃が高くつきますので、それなりの儲けを出していかなければ、自分の給料さえも稼ぐことが出来ない場合もあるので、よく試算してからオープンさせる必要があります。
最初は売り上げがよかったとしても、一度来たらもう来てくれないようなお客様もいます。
新しいお店がオープンすれば、最初は物珍しさから来店してくるようになりますが、一度の来店で気に入らなかった場合には次に来てくれることはないからです。
新規でどんどん固定客をつかんでいくためにも、一回一回の来店を大事にしていかなくてはなりません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です